どっとぶっちは3割熟

@etty_chikamaの140字では足りないこと

ウォーキングのイベントで40km歩いてきた。

 

土曜日に、ウォーキングのイベントに参加してきました。

「第26回名護・やんばるツーデーマーチ」というイベント。

 

2日間開催され、参加者は名護の町並みや景色を楽しみながらひたすらウォーキングする、ツーデーマーチ。

 

学校から毎年「参加しませんか~」的な声がかかるのだけれど、予定が合わずに3年間出れませんでした。

今回はじめて予定が合い、参加することができました。やったね!

学校から会場までの間を行き来するタクシーの手配の関係かよくわからないけど、定員が40人と決められていました。申し込みしたうちの半分近くが私のクラスの人たち。なぜ。

 

参加コースは、20キロと40キロの2種類選べました。コース自体は4種類あったけど、申し込みのしやすさかよくわからないけど選択肢は2つだった。

申し込みするときの謎のノリで、参加日の最長コース40キロに申込みました。この時は軽い気持ちで「20キロでも40キロでも、足が棒になるのには変わりなくね?w」と思っていました。

 

甘かった。

 

足が棒になるのは覚悟していましたが、そんなもんじゃなかった。最後は無心で痛みを忘れてひたすらに脚を稼働させていました。まるで自分の体じゃないみたい。

 

長々と書きますが、あしからず。すっとばして最後の方読んでくれたって大丈夫だと思います。箇条書きっぽくなりますがざくっと流れをかきます。

 

・学校に4時50分集合ということで午前3時起床。ねむい

・友人との待ち合わせの時間になり待ち合わせ場所へ向かうが、時間を10分遅く勘違いしてた。すみませんでした。゚(゚´Д`゚)゚。

・学校到着。すでにタクシーがいっぱい!さむい

・タクシーにのって会場へ。まだまだ外は真っ暗

・会場到着。さむい

・待機中に会場内のアンケートに答えて粗品ゲット。足に貼るシップみたいなのもらった。

・注文した弁当を受け取り、リュックにくくりつけるゼッケンてきなものを書く。名前の欄になぜかTwitterIDをかいた。

・体操が始まったので参加。遠すぎてお手本が見えないため、近くにいためっちゃ目立つ服装のお兄さんの素晴らしい体操フォームを真似る

・いよいよスタート。時刻6時半。さむいさむいさむい

・名護市街地を周り、ひたすらコンビニ休憩をはさみながらちんたらあるく。いろんな人に抜かれていった。

・8時半頃になりパイナップルパークのあたりまで来るとさすがに焦り始める 気持ちペースアップ

・最初の休憩地点到着。麦茶補給。パインカステラと黒糖あったのでいただいた。超ウマ。調子のって麦茶めっちゃのんだ。

・ここから先はずっと山道。くねくねくねくねくねくね

・このへんで「完歩したら就活も成功する」という謎の願掛けをする。リタイアしづらくなった。

・調子に乗って補給した麦茶がお腹をいじめ始めた。トイレはまだまだ先なのでひたすら歩くしかない。とても後悔した…

・迫り来る尿意で何も考えられない。ひたすら歩く。ペース遅くなりつつあるけど頑張る。

・途中の休憩所にくるが、休憩所は300m寄り道しないといけないらしい。スタッフさんにもうすこししたら道の駅があるから~といわれて頑張ることにした。

・歩いても歩いても道の駅が見えない。すこしって言ったのに…!!!

・道の駅に着く(休憩所ではない)。やっとトイレ入れた…

・再出発。ワルミ大橋という橋の目の前だったらしく、景色がめっちゃ綺麗で感動した。モチベーションUP!

・屋我島に入る。一面サトウキビ畑。歩道もあまりなかった。

・ついに古宇利大橋に来る。全長1.5キロほど。橋を渡りきったところにあるチェックポイント目指してひたすら歩く。

・古宇利大橋から見る景色はほんとうにきれいだった。沖縄の海ってこんなに綺麗だったんだ~と実感。

f:id:etty-pinkpink:20131207114850j:plain

(↑橋から撮った。超綺麗。写真でかいな…)

 

・橋を渡り切るとやっと休憩。チェックポイントでチェックし、やっとお昼!

・お弁当が片寄ってたけどなんとか食べられる程度だったのでセーフ。おいしかった。座る時に腰が椅子に吸い込まれていくようだった

・アイスも食べて麦茶補給して再出発。ゆっくりしすぎた(^^;)

・ちんたらちんたら歩く。さすがに疲れが隠せなくなったのか、みんな顔が死んできた。

・古宇利島→屋我島→奥武島→本島 というふうに、橋を何度も渡った。もう橋みたくない

・いつの間にか友人一人がリタイアしていた(本気で気づかなかった

・本島に入ったのにまた橋が出現。もういいじゃない…

・橋を越えたあたりから、友人たちが遅れ始めたので一人でたったか歩くことにした。ぼっち

・制限時間(16時)が迫っている。これでは願掛けが達成できないので、せめてそれまでにそこにたどり着きたいと思って必死に脚を動かす。

・やっと最後の休憩ポイントにつく。制限時間の16時までにぎりぎりついた。黒糖と梅ぼしと麦茶超うまい。

・制限時間を17時に延長してもらえたことを聞く。まじかやったねがんばる!

・休憩おわって出発しようとしたら最後尾の友人一行が到着。リタイアするらしい。残念…

・私が出発すると最後尾係のスタッフのお姉さんが一緒に歩いてくれた。お姉さん優しいしとても若くてきれい。すてき。

・歩いているとリタイアしたはずの友人の一人がきた。一緒に歩いてくれるらしい。追いつくために1キロほどランニングしたんだと。

・無心で歩き続ける。スタッフのおじさんに「5時過ぎたら残念だけど車で回収するからね^^」といわれ、焦る。ひたすら歩く。

・その後も何度かおじさんに遭遇し道案内的なことをしてもらいながら頑張る。間に合えちくしょう!

・北部病院を過ぎた頃(あと2キロくらい)で前方にいたらしい同級生に遭遇。とてもしんどそうだった。抜き去ってしまったけど。

・市街地に入ったところでタイムアウト(17時)。でも拾われたくないので必死に歩く。あと1キロなんだ!拾わないで!!!

・ゴオオオル!!!無事についた。拾われずに済んだ。みんながテントで迎えてくれた。めっちゃ嬉しかった。

・完歩証みたいなのもらえないと思っていたけど、歩ききったからと特別にくれた。わーい(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

1時間20分のオーバーでしたが無事完歩しました。やったねヾ(*´∀`*)ノ

最後まで一緒に歩いてくれた友人にはとても感謝しています。

40キロはとてもとてもとても(ry長かったけれども、歩ききった達成感がすごかったです。

完歩しないと就活もできないという謎の願掛けをしていたからこそできたのかなあとも思っています。最後の10キロは完全に意地。

 

 

これで就活もいけるね!(白目)

 

 

この経験をいかしてほげほげ~というのを履歴書に書けるんじゃないかしら。おぉ。

とにかく、参加してよかった(´∀`)

 

終わったあとは、腰から下がガクブルで自分の体が面白くてしょうがなかった。帰り道にあまりのおかしさに某友人が高笑いしてたのが印象的()

 

時間オーバーが悔しかったので、来年リベンジします。時間内に40キロ完歩するぞーーーーーーーうおおおおおおおおおおおおお